京つう

  ペット  |  中京区

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2010年02月07日

「ただのいぬ。プロジェクト」のワンコたち

服部 貴康
ジュリアン
発売日:2007-04

行き付けの美容院で読みました。

おうちのあるわんこ=Yes(著名人が飼い主)、ないわんこ=No、新しい家族待ちのわんこ=Not yet。
Noのわんこたちは、致死処分される運命にあります。
添えてある詩が素晴らしくて、悲しくて、泣けました。
たしかこんな内容だったような・・・↓。言葉の感じぶち壊しですみません。

踏まれた草は踏まれなかった草を妬ましく思ったりしないけれど、ただ自分と踏まれなかった草の何が違うのか教えてほしい。


これから殺処分される動物が減りますように。
新しい家族を待っている子たちを迎えに行ってくれる人が増えますように。
心から願います。


ぽぽちゃんも、私がもらわなければどうなっていたかわからないので、とても身近に感じる問題です。

成長になっても子犬に負けず劣らず、愛らしいわんこたち。
成犬を譲り受ける人が増えるといいなぁ。



  


Posted by てりぶる  at 23:43Comments(0)動物